So-net無料ブログ作成
検索選択

恋仲の妹役が気になる今日この頃 [日記]

第1話の視聴率がひとけた台と話題になった月9の恋仲ですが、
視聴率が低い=つまらないわけではないと思う私です。

第2話目に入って、失踪したはずのあかりと再開することから
ストーリーがようやく始まった感じ。

・・・なんですが、ものすごく気になることが。
恋仲のキャストは美男美女ぞろいなのですが、
第一話でぱっとしなかった妹が、めっちゃかわいくなっていることが判明。

妹役の女優さんは、大原櫻子さん
硬式サイトがあるようです。http://sakurako-web.com/

アーティスト活動しているみたいですが、dhcのニキビケアの
イメージガールもやってるみたいです。


第2話で、蒼井くんとあかりが付き合うことを知って・・・
ネタバレは悪いので、何とも言い難いんだけどなんかね。もう、もどかしいの
なんのって。

ただ、演出の仕方がなんとなくなんだけど同世代なんだろうなぁ。
相合傘にちょっと気を使う感じとか。葵くんの片方の肩びしょ濡れ
とか、びしょ濡れの葵くんを後ろからギュッと抱きしめる元カノ
の感じとか。

キュン死必至ですよ。


うまく言えないのですが、なんか自分の昔のことを思い返してしまう
というか、思い出に浸りやすくなるね。恋愛モノってそういう感じ
なんでしょうか。

次回が楽しみです。

37.5度の涙 見てて辛いです。 [日記]

仕事の事情で子供を幼稚園や、保育園に預けていても熱が37.5度以上になると、預かってもらえないって知らなかったのですが、仕事をしている側としては非常に困ってしまいますよね。
そんなときに、病児保育と言うものに頼るそうですが、見ていて正直辛いです。

私の実家は両親が離婚せず母も子供が小さいうちは、家にいたので、幼稚園に通っていても熱が出れば一緒にいてくれたし。
でも、ストーリーに出てくる子供は、親から精一杯の愛情をもらえていないんだけど、せい一杯親をそうとするんだよね。
※決して親が子供を嫌ってるわけではなく、構いきれないと言う意味です。

主人公の蓮佛さんは、小さい頃に親に冷たくされていた為に、色々大変な目にこれから合いそう。
愛情を受けられなかったのに保母さんを目指したものの、笑顔が怖いという理由で、保育園クビになると言うちょっと無茶な過去があるんですが、
ものすごく魅力的な役で、見ていてなんだか放っておけないです。

今後が楽しみ。



ほんまでっか?!40過ぎてから結婚できる確率5%‏ [日記]

男はいつになっても結婚できる!と思っている皆さん・・・

ご愁傷さまです。早く結婚してください。


ほんまでかTVにて、澤口先生が言うには、40過ぎてから結婚できる確率は5%だそうです。
その場で独身だった俳優の戸次さん(イケメン)ならまだ可能性があると

みんなでフォローしていましたが、更なる悲劇が
結婚できても大したことない女性と結婚してしまうそうです(;・∀・)

まあ、俳優さんで結婚遅い人は結構素敵な方とゴールインしてますけどね。
一般人は違いますからね。

誰がチンパンジーじゃーい(;・∀・)

ほんまでっか?!結婚してからも恋人気分でいようとすると妻が浮気をする‏ [日記]

前回のほんまでっかTVにて、夫がいつまでも夫婦関係を恋人気分でいようとすると妻が浮気をする
という衝撃な事実を発表しました。

だいたいのドラマや、雑誌の投稿だと
・冷めた夫婦生活
・女としてみてもらえなくなった
という理由で不倫に走る奥さんの話が多いのですが、

実はそうではないらしいです。

むしろ、いつまでも恋をしている気分で接していると、女性は自信を持ってしまい、
夫がいない間に不倫するそうです。

むしろ家族の一員として接することが大事だそうです。。

おニャン子の生稲明子さんが有吉ゼミで号泣 [日記]

有吉ゼミで、芸能人が経営している飲食店の評価をするコーナーで、元おニャン子クラブのメンバーの生稲晃子さんが号泣してました。

・・・とは言いながらも、ありがたそうにしてました。

ここ大事。

番組は、飲食のコンサルをしているプロが1年以内にどれくらいの確率で店が閉店になるかというのを評価するのですが、今回は、78%


確かに、言われてみると、違和感だらけのお店でアイデアとして面白いものもあるのですが、なんか残念なことをところどころにちりばめているお店でした。

どちらかというと、普通のお店にする方がいいよということなんですが、客単価あげられそうなポテンシャルはしっかり持っているようなので、是非頑張ってほしいなと他人事ではありますけど思いました。

彼女の偉いところは、このコーナーって、だいたい店主となる有名人が不機嫌になるんですよね。
余計な口出しすんじゃねえ!というような顔をするのですが、商魂たくましいというのが正しいのでしょうね。

ものすごくありがたく話を聞いてました。

でも、見ているとちょっとの修正で、ものすごくいいお店になりそうだというのは、コンサルタントの話を素人の私が聞いていても思いましたので、どれだけ素直に修正できるかが今後の店舗経営に生きてくるんでしょうね。

一度行ってみようかな。

深いい話のエヴァちゃんの言動が大きくなってますね。 [日記]

番組を見ていましたが、7歳児の女の子そのものでしたよ。

というのが私の印象です。

だいたい、小学校入りたての子供って、言葉づかい知らないし、
いたずらもするだろうし、こんなもんじゃないのかな?というのが
正直なところです。

唾を吐きかけたとなってますけど、ぶーって吹きかけるような感じの
事で、大人の喧嘩みたいな吐きかけるようなことでもないし。

まぁ、お行儀悪いですよ。というのは間違いではないけど、
「親の教育がなってない」というのは言い過ぎかなぁと思います。
同行しているようにも見えないし、同行していたとして番組収録中に、
親が紛れ込むこんで、流れを止めることの方が問題なんじゃないかな。

むしろ、お笑い芸人の立場を考えると、今田さんがうまく翻弄されて
彼なりにおいしい思いをしたと思いますし、彼女の思いがけない行動
に良いものができたと満足げに感じました。

テレビって、娯楽なのでその時の発言に過敏になりすぎてませんかね。

それとも、そこまでの意味を持たせずに書いているだけなのかな。



みやねやさんって筋肉ムキムキなんですね [日記]

深いい話で、ショートブレスという独自の呼吸法で腹筋バキバキにしたそうです。

メンディーと写真撮ったりしてます。首から上は宮根さん、首から下はむきむきまっちょ。
52歳の体だとは思えなかった。

身近に感じるアナウンサーのポイントは、視聴者の目線でどんどん質問していくこと。
もちろん、テレビのために毎日各社の新聞に目を通しているんだけど、すべて理解
するのは難しいし、知ったかぶりもダメですもんね。だから、素直に聞く。

だから、専門家はそのあとの会話のキャッチボールができるし、視聴者は
なるほど!となる。

司会者だから全部何でもやらないといけないわけではなく、専門家にうまく(気持ちよく)
しゃべらせることで、中身が濃い番組になっているんですね。

深いです。

これってなかなかできないことで、お客様の声を聴けなんて会社では言われますけど、
わからないものをわからないとは言いにくい。

素晴らしいですね。




永井美奈子さんかなり炎上したようで・・・ [日記]

私の印象としては、世の中の一般的な人は、同じようなことを外でしてますよ。

ということです。そもそも、お客さんとしてテレビに出ているわけですから、
横柄でも、なれなれしくてもしょうがないのでは?

居酒屋にせよ、美容室にせよ、女性が店員さんに対して、ものすごく気を使った
言葉遣いをする人を見たことがない。そもそも、女性ってコミュニティーに入り込む
のが得意で、ちょっとでも親密になった、コミュニティの一員になったタイミングから
ため口だし、常連顔するものです。

よくいますよ。居酒屋の店長クラスを呼び捨てで仲良く話をしている20代くらいの女性。
私ここの顔ですみたいな。

それを今更永井さんがそんな態度だった!ってわーわーいうことでもないし、人に対してそういうなら
世の中からモンスターペアレントなんてでてこないわけです。

この間も、行き違いのミスで、怒鳴りつけてた人がいたけど、仕事等でそうやって言われ
ているから反動でそういうことが平気になったりしちゃうんだと思うんですよね。
少なくとも、私も権利を主張してしまう方なので、永井さんと変わらないです。

だから、久々にテレビの世界に戻れて嬉しかったんだろうなぁ。。。という感じで
見ていたらよかったのではと非常に思います。

逆に言うと、みんな社会にでて、仕事上の常識とか決めつけてしまったものをプライベート
に持って行きすぎなのかも。よくこんなの常識じゃない?って言う人多いですけど
共通認識ってなかなかないものですよ。

おかめ八目という言葉がある通り、実際に対応に追われている人間より、3者的に見ている
人の方が気が付くものです。なのに、できない人を非難するのはちょっとかわいそうです。

ど根性ガエル・・・見始めてみたけど無理がないかな。。。 [日記]

ど根性ガエル見てみたのですが、

開始早々に見るのをやめてしまった。。。
30歳になったお話ってなんとなくトヨタのCMの
のび太君のシチュエーションと似てるのですが、この手の
設定って、子供の時のまま大人になってしまっていて。。。
想像の域を超えないというかね。

イントロの流れがなぁ。。今どき感がない。。。。
まだ、録画削除していないので、ちょこっと続きを
見てみますが、なんとなく気が進まない。。。


ホテルコンシェルジュ 第一話 始まりましたね [日記]

夏のドラマクールがついに開始されましたね。

ホテルコンシェルジュ

出演者が結構豪華。先輩コンシェルジュに三浦翔平さんと西内マリアが新米コンシェルジュ役
として出てきます。やたら頑張り屋さんな感じ。あまりあんな雰囲気の社員を見たことがない
のですが、なぜかドラマでは新人社員としてよく出てくる感じ。現実と
ドラマとのギャップだよね。これは、ぜんかいの書店の戦争のまゆゆのキャラにも感じました。

傾向として最近は斜に構えた優秀な社員(男)と頑張り屋さん
な新人(女)という構図が多い気がするというのが私の印象です。

なんか応援したくなっちゃうように仕向けたいんだろうなぁ
と視聴者側に感じさせてしまうのでそろそろやめた方がいいかもね。

男の立場としてみると、男も頑張ろうよ。。。と思う現実
があるからダメな新人(男)もおいてほしいです。


さておき、三浦翔平さんってイケメンなんだけど3枚目なところが
結構売りだったのかなと思ってました。が、今回はかなり2枚目というか
クールな役どころ過ぎてなんか見ていてキャラにあわない感じが否めません。

新人役の西内マリアさんはなんでどんないきさつでコンシェルジュに抜擢
されたのかは不明なんですよね。これからなんでしょうね。とにかく
バタバタと走り回るというなんとなくホテルで働いている人っぽくない
感じをしっかり出してます。そして、支配人と新しい人との間でいろいろ
彼女を巡ってもめるんでしょうね。ホテルとしてあるべき姿的な。

1回目のストーリーは、客に無理難題を押し付けられるのと、無理難題を
自分で作ってこなすんですけど、サラリーマンの仕事ってホント大変。
コンシェルジュも同じでできませんとは言えないのでなんとか御用を
かなえようと一生懸命にやるんだけど、できないんですよね。

できる・できないを見極めてできなかったら別案を提案する。
どうしても、これしかないと決めつけて進んじゃう新人。
それをみて代替案をもってスマートにこなすイケメン。

また、お客さんがあきらめかけたことをきちんと消化して、思い切ったサプライズ
をお客さんにもてなす新人・・・このギャップはすごいけど、人の想いって
強ければ強いほどいい結果を持ってくるよね。あんなスーパー新人は現実
世界でなかなかお目にかかることはないと思いますが。。。いつの間にか
周りを巻き込んですごいことができる!というのは人間の凄いところであり
視聴者にうったえていきたいことなんだろうなぁ。

世の中できないことなんかない!そんな風に頭切り替えていきたいな。


現実に働いている人って、何かこういった輝きが見えにくい。むしろ理想的な環境を
演出する世界がドラマで、その中に広瀬すずさんは10代のうちに入っているわけで。

そうすると、女優のセリフを必死に拾うスタッフ達の仕事をみていると、この人は
本当にこの仕事をしたくてやってるのかな?とか考えてしまうのは分かる気がするんですよね。
10代の頃って大人の世界って憧れが半分、身近な人への残念な感じ半分で見ていると思うし。

就活もそう。就活でものすごい夢を職業に求めて、そのあとにものすごい期待感で入社する
から結果として3年で辞めちゃうのは仕方ないよね。ギャップに殺されちゃうよ。