So-net無料ブログ作成
- | 2015年06月 |2015年07月 ブログトップ

しくじり先生まだ見れていないのですが、ひろしさんすごいですね。4000万円って。 [日記]

ずっと見る機会がなかったしくじり先生をやっと録画することに成功したので、
早速見たい気持ちでうずうずしているものの、仕事で家に帰る時間が遅くまだ見ることができていない。

でも、最近はおせっかいにもネットニュースでやたら記事が出回っているので、「へーーーー」
って見た気になっちゃう。

これってどうなんでしょうね。。。


他にもいろいろ逸話はあると思うので、もちろん見ますが、最近のテレビネタをあえてニュースにさらすのはいかがなものかと。。。スポーツの結果とかね。テレビってライブ中継もありますけど、すべてがそうじゃないのに、ケータイにプッシュ通知が届くんですよね。こちらはまだ見てますよ。。。


さておき、しくじり先生の面白いところって、あっちゃんのプレゼンのうまさって言うのもあるかもね。この前、マラドーナのしくじり話を見ていてかなり引き込まれてしまった。

正直、良く知らないマラドーナの話をきいてこんなに面白いと感じるとはすごいなと。。。実際、マラドーナの名前を忘れてしまい、こうやって書きながら、ググってしまった。。。






不食30日続けた榎木孝明さん。危険なのでお勧めはしませんが。 [日記]

ものすごいことをしましたよね。
お水だけで何も食べない生活を30日。

人は30日食べなくても生きていけることの証明ができました・・・。
・・・が、実際はとても危険な行為なんでしょうね。事実、病院に寝泊まりして
記録を取りながら、血圧が上がりすぎたときなどは、飴をなめるなどの対処を
していたそうなので、医者に見守られないと無理なんでしょうね。

ただ、榎木さんのコメントで、「食べない方が体調がいい」というのは、私も
賛成の意見です。

私は昨年からたまに断食1週間とか、プチ断食のようなことをやっております。
昼ご飯を食べない方が仕事も楽にできますし、なかなかいいですよ。

人は、毎日3食必ず食べなければいけないわけではないんです。
急に1食抜いたりするからドカ食いしてしまうわけなので、ヨーグルト
にしたり、スムージーにしたり、酵素ドリンクにしたりと不食まで
はせず、断食くらいにしておけば、まったく問題なく1日過ごせます。

こちらに、私がまとめ始めたばかりではありますが、断食体験に基づいた記事を書いております。


良かったら参考にしてください。

食事をしなくなるということは、体を休めるのと同じですし、結構忙しくされている
サラリーマンなど体を動かすこともなく黙々と仕事をしているようでしたら、
たまにはこういった時間を作って、内臓から体を休めることはいいことだと思います。

もし、空腹で気持ちが落ち着かないようでしたら、ちびちびと甘いコーヒーを飲むなど
するとお腹の空腹感を押さえることができます。

榎木さんあの後、グルメレポートが入っていたようですが、なかなか大変だったんだろうな。
一時の空腹感を過ごすと人は不思議とお腹すかなくなります。食べなくてもいいと感じるんです。

断食も4日くらいすると食べなくても平気になります。不思議な現象です。
とはいえ、人とのお付き合いもあると思いますので、

・ダイエットしたい
・体質改善したい

と思っている方は、無理せずやってみてください。




土井善晴さんのプレバトのコメントの素晴らしさ [日記]

著名な芸能人から若手の芸能人までこぞって自分のセンスを競い合う番組
のプレバトですが、なかなか先生たちの辛口コメントが笑いを誘いって
毎回楽しみにしている番組です。

ただ、私は先生という立場の人間があまり好きではないんですね。理由は
「上から目線」
先生という職業柄、上からものを申すことが多く、ただ先生という立場という
だけでなんか威張っている印象があったり、自らの非を認めない方が多い
印象をどうも小さい頃から植えつけられているようです。そろそろ考え方
を改めないといけないのかなと思う今日この頃なのですが。。。

そんな中で、以前、土井善晴先生が料理のアレンジの評価で素晴らしい
発言をしていたのが印象的でした。というか、先生という立場の人を見直す
いい機会だったと思います。

それは、テーマが「板わさ」を使った料理の盛り付けについて、自分の想像
を超えたと、大変高い評価をされていました。

土井善晴先生は、板わさ=居酒屋料理、酒飲みのための料理という固定概念
を自ら持っていると認め、盛り付けをされた方が、普段お酒をそんなに飲むことなく
人をパーティーに招いたときに洋風に盛り付けた素晴らしさを大変褒めていました。

私の先生というイメージはこういう自分の想像と異なる人をたたく、批判する、または
褒めはするけど、自分の頭の中にこんなものはあるよというような見栄・意地を張る
そういう風にして自分の立場を守る方が多いんじゃないかなと思っていましたが、
土井善晴先生は、自分より優れた発想を素直に褒めていたことに大変感銘をうけ
ました。

番組の楽しみ方がさらに深まったように思います。

広瀬すずさんのお騒がせコメントについて [日記]

先日の食わず嫌い王にて広瀬すずさんがコメントした、「スタッフを軽視した」
コメントについてですが、私は、思って当然のことなのではないかと思いました。

彼女はまだ16歳で、周りがどのような思いで仕事をしているのかなんてわからないんですよ。
わからなくて当然の人に、「スタッフを軽視している」というのはどういうことなんでしょう。

想像してみてください。世の中にはいろいろな仕事があって、すべての仕事が魅力的でしょうか。
私には、音声さんの仕事の面白さが正直わかりません。逆に言うと、今やっているサラリーマンの
仕事が「一生を捧げてしたい仕事」かというと正直そうは思いません。

彼女は軽視したのではなく、それぞれに仕事をしている人たちはどのような思いで
仕事をしているのかそれを思っただけだと思います。なのに、芸能人やら一般のネット
ユーザーがさも大人げない発言とでも言いたいようにいろいろ批判するのは、大人げ
ないのではないでしょうか。

私は彼女のような感性をこれから成人していく方にぜひ持ってもらいたいと思います。

きっと、彼女は今の仕事をしたまま成人していくと思いますが、きっとその流れ
で裏方のありがたさや、また人生妥協して生きていく人たちを見ていき、自分が
もしかしたら恵まれた人間と思うかもしれないし、高飛車に選ばれた人間として偉そう
にふるまう人間になっていくかは、一ファンとして温かく見守っていきたいな
と思っています。

広瀬すずさん、注目されているからこそ多感な時期に傷つくことが多いかもしれ
ませんが、自分の価値自分の想いを信じて突き進んでいってほしいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

- |2015年06月 |2015年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。